10/07/2022
Breaking News

訪問介護の仕事や求められる人材

ホームヘルパーとも呼ばれる訪問介護は名前の通り、利用者の自宅に訪れて日常生活をサポートする仕事です。
様々な介助作業の他に、生活の向上を目的としたアドバイスも訪問介護の仕事になります。
コミュニケーション能力が求められる仕事なので、誰にでもできるわけではありません。
人との接し方を正しく理解している、プライバシーを尊重できるなど訪問介護の仕事に従事するには様々な条件をクリアする必要があります。
一方で人同士の繋がりは相性の良し悪しで結果が変わるのも事実なので、介護の知識や技能に秀でている人のすべてが訪問介護を適切に実施できるとは限りません。
人との付き合い方が、訪問介護への適性に影響すると言えるでしょう。

訪問介護の仕事は大別すると、身体介護と生活援助があります。
身体介護は利用者の体を支えて移動や排せつ、入浴などをサポートする業務です。
肩や腰への負担が大きい作業なので十分に注意する必要があります。
生活援助は掃除や洗濯などの家事を代わりに行う、医療機関から薬を受け取るなど生活面でのサポートが主な内容です。
利用者の通院をサポートするのも生活援助に含まれるので、訪問介護を行う事業所によっては運転免許の所持を雇用の条件に定めている所があります。
利用者本人や親族に対するアドバイスも訪問介護の仕事に含まれるので、相談に対しては適切に回答する姿勢が求められます。
居住地域の介護サービスや自治体による福祉事業の状況などを把握しなければいけません。