12/02/2022
Breaking News

ホームヘルパーとして働く魅力

利用者の居宅を訪れて介護の仕事をする訪問介護では、回数を重ねるにつれて利用者に対して家族の一員のような親近感が湧くことがあります。
居宅内では1対1で対面して会話を交わす場面も多く、他の利用者が同居する一般的な介護施設よりコミュニケーションを取りやすいでしょう。
食事を作ったり清掃したりしながら、世間話をして交流を深められるのです。
居宅に通っているうちに利用者の性格や嗜好を把握できるようになって、より充実した介護サービスを施せるようになります。
このように、利用者の気持ちに寄り添う介護ができると、ホームヘルパーは利用者からも評価され、感謝されることにつながります。

また、訪問介護では食事の調理や衣類の洗濯をはじめ、食器洗いや居室の清掃などの生活援助において、日常生活の知恵を活かせる魅力もあります。
自分が自宅で行う家事で得た知識を訪問介護の仕事に活かせるため、専業主婦だった人も参入しやすい仕事です。
介護の資格を取るとチャレンジしやすく、丁寧に仕事をすれば利用者から感謝される訪問介護は、介護業界のなかでも魅力的な仕事に挙げられます。
さらに、訪問介護は利用者の事情に合わせて実施されることから、比較的自由な勤務時間の設定が可能です。
子育て中や家族の介護が必要な人、プライベートな時間を大切にしたい人には働きやすい現場だと言えます。
1つの事業所に拘束されることなく、複数の職場で働きたいという人にとってもおすすめです。
私生活との両立を図ることができ、日常生活の知恵も活かせる訪問介護の仕事は、こうした様々な魅力があるのです。